採用情報RECRUIT

先輩の声

S.N(入社2年目、事務、新卒採用)

安心感、親近感を持てる地元の会社に。
入社してみたら「いい人しかいない会社」でした。

現在担当しているお仕事の内容を教えてください。
事務スタッフとして、主に製品の値段付けを担当しています。曲げ加工をした製品の工数や使用した材料などから価格を計算するので、会社の売り上げに直結する重要な仕事です。
この仕事、この会社を選んだ理由はなんですか?
一番の理由は、地元の会社だったことです。私は商業高校出身なんですが、高校に来ていた求人の中に地元の会社である松本機械製作所があったので、安心感や親近感を持つことができました。
入社してみて、松本機械製作所はどんな会社だと思いますか?
いい人しかいない、というのが第一印象です。その印象は今も変わっていません。ベテランから若い世代の人、現場や事務など、どの世代や部署の人たちも優しく接してくれますのでとても仕事がしやすいです。
これからの抱負をお聞かせください。
まだ入社して間がないということもあって、まだこれからのことを考える段階でもないかなと思っています。ほかの人や会社に迷惑をかけるようなことをせず、目の前にある自分の役目をしっかり果たしていきたいです。
求職者の皆さんにメッセージをお願いします。
本当にいい人しかいない会社なので、人間関係の心配や「怖い先輩がいたらどうしよう」と思っている方がいるとしたら、その心配はいらないとお伝えしたいです。高校を出たばっかりの私でもこうして会社の一員になれているので、安心してくださいね。

M.S(入社5年目、事務、新卒採用)

モノづくりにかかわってみたい思いもあって、直感で選んだ会社。
想像していたよりいい人が多くて安心しました。

現在担当しているお仕事の内容を教えてください。
事務全般の業務を担当しています。業務の幅が広いので、表現するならオールマイティ(?)という感じです。CADを使ってデータを加工するような仕事も含まれているので、純粋に事務専門というわけではないところがオールマイティです。
この仕事、この会社を選んだ理由はなんですか?
あらためて理由を尋ねられると、直感で選んだという答えになります。モノづくりに興味があったので、それにかかわる仕事ができればと思っていたのも理由のひとつです。
入社してみて、松本機械製作所はどんな会社だと思いますか?
金属加工をやっている会社のイメージには、ちょっと気難しいというか怖い印象もあったのですが、うちの会社にはそれがまったくありませんでした。いい人が多くて人間関係も和気あいあいとしているので、社内の居心地はとてもいいと思います。
これからの抱負をお聞かせください。
うちの会社には一部、ミャンマー人の従業員がいます。製造現場にいる人は直接のかかわりがあまりなかったのでリアルに感じていなかったのですが、今度は事務方にもミャンマー人が来ることになっていて、しかもその人への指導役が私なのでそれをちゃんとこなしていくのが今の大きなテーマです。
しっかりやれるか不安もありますが、これも松本機械製作所に入社したからこそできる経験なので、不安半分、ワクワク半分で頑張りたいと思います。
求職者の皆さんにメッセージをお願いします。
今ではCADの仕事をやっていますが、入社するまではCADをさわったこともありませんでした。そこからはじめて今では業務の一部になっているので、やったことのないことができるようになる会社です。
新卒の方は特に、仕事をすることすらはじめてだと思います。コツコツとやっていけば誰もが立派な社会人になれると思いますので、ぜひ頑張りましょう!

A.S(入社2年目、ロール部門、中途採用)

まったくの異業種から、金属加工の世界に転職。
丁寧に教えてくれる先輩がたくさんいるこの職場が好きです。

現在担当しているお仕事の内容を教えてください。
製造現場で、ロール巻き加工を担当しています。ロール巻きという名前から想像しやすいかもしれませんが、ロール巻き加工というのは金属材料を巻きながら曲げ加工をすることで曲線を出す技術です。そんな技術と専門の機械を使って美しい曲線を創りだすのが、私の仕事です。
この仕事、この会社を選んだ理由はなんですか?
松本機械製作所へは中途採用で入社しました。前職はスーパーに卸す食品の仕分けという倉庫作業だったので、まったくの異業種からの転職ということになります。自分自身が工業高校出身であること、親が建材組み立ての仕事をしていたことなどが、今の仕事への興味につながったのだと思います。
入社してみて、松本機械製作所はどんな会社だと思いますか?
入社してから今まで、うちの会社に対する一番の印象は人間関係のよさです。いわゆる怖い先輩、厳しい先輩という感じの人もおらず、丁寧に仕事を教えてもらっています。聞けば何でも教えてくれますし、手伝ってもくれます。
仕事の合間には、自分たちで作業工具を作ったりすることもあります。プロが作る工具は出来栄えも上々で、そんなフランクな雰囲気も好きです。
仕事をしていくうえで精神的な負担が少ないというのは、長く続けていくためにとても大切なことだと思います。
これからの抱負をお聞かせください。
まだまだ経験が浅いので、今担当しているロール巻き加工の技術をどんどん身につけて、できることを増やしていきたいと思っています。それを究めるような段階になれば、ロール巻き加工以外にもいろいろな曲げ加工にチャレンジしてみたいという思いもあります。
幸い、業界の中でも屈指の多彩な加工を行っている会社なので、そのチャンスもいつかあるのではないかと思っています。
求職者の皆さんにメッセージをお願いします。
就職や転職は、不安の方が大きいことと思います。普通に毎日仕事に向き合っていれば、少なくとも自分のようにはなれる会社です。そこからさらにやりたいことがあれば、それができる自由さもある会社なので、あまり難しく考えることなく私たちの職場を見てみてもらえればと思います。

D.T(入社8年目、プレス・ロール部門、中途採用)

すでにこの道で、20年以上。
レベルの高い仕事をしているこの職場で、まだまだ上をめざす。

現在担当しているお仕事の内容を教えてください。
いろいろとある曲げ加工の中で、「プレス」や「ロール」の現場を担当しています。前職でも同じ金属曲げ加工の仕事をしていたので、松本機械製作所に入社してからを合計すると、この道20年以上のキャリアになります。
この仕事、この会社を選んだ理由はなんですか?
前職の会社が倒産してしまったことが最大の理由です。これまでの経験や身につけた技術を引き続きいかしたいという思いで、前職の頃から名前を見聞きしたことがあった松本機械製作所への入社を希望しました。
松本機械製作所は幹線道路沿いに社屋があるので、日常的に道路から見えていたことも親近感を持った理由です。
入社してみて、松本機械製作所はどんな会社だと思いますか?
入社前から業界内では名前を見聞きしたことがあるほど、知名度のある会社です。実際に入社してみると、その理由がすぐにわかるほどレベルの高い仕事をこなしていることに感動しました。さすが、曲げ加工に特化している会社だと思ったのが第一印象で、今度はその中で自分も仕事を通じて技術を高めることができるので、そこに強く魅力を感じています。
これからの抱負をお聞かせください。
すでにこの道で20年を超えましたが、それでもまだまだ道半ばです。自分の持ち場をしっかり守っていくことはもちろん、そこからさらに技術を高めていくことが自分の課題です。それは会社からも期待されていることですし、お客様との直取引が多い会社だけに高いものを求められていることも伝わってきます。
こうした期待にしっかりと応えて、自分の存在価値を高めていきたいですね。
求職者の皆さんにメッセージをお願いします。
金属の曲げ加工というと一般の方からは縁遠い仕事のように感じますが、実は私たちの身の回りにはこの技術から生まれたものがたくさんあります。コーナンで売っているものを作っていると言ったら、わかりやすいかもしれません。
決して大きな会社ではありませんが、それゆえに人のつながりや、プロから直接教わることもたくさんあります。手に職をつけて一生ものの仕事と出会いたいとお考えの方には、とてもいい会社だと思いますよ。